ブルーフォーラムの目標

投稿日時
漁業は人々の食を担う重要な産業です。現状様々な課題を抱えていますが需要の高まりから大きく可能性を秘めた産業でもあります。気候変動への取り組みと漁業をどうマッチさせ発展に繋げていくか?
弊社は今までの単一的な流通構造だけではなく、新たな流通構造やイノベーションが生まれる“場”、そういったコミュニティを環境貢献を通じて構築しようと
考えております。

漁業の保護、発展のためには漁業者の収益向上が重要であり、そのためには既存の構造だけではなく、多様性が必要になってきます。
漁業は他の業界との交流があまりない、つまりアクセスが難しく情報が共有されにくい業界でした。
しかしその形は業界の発展と技術革新を阻みます。
漁業だけに留まらず、環境貢献をもって発信する事は業界の垣根を超え、広く認知され賛同する多くの人々との交流を生みます。また環境貢献はもはやエコではなく、企業にとってもそれを利益ないし価値に代える時代です。
つまり漁師さん、企業、消費者参加のもと業界と漁業者にとっての新たな選択肢、様々な イノベーションを生むための交流の“場”を環境貢献を軸に構築する事が弊社の目標です。 情報が共有されるだけで可能性は無限に広がります。
SDGsのNo17にもあるように、様々なステークホルダーとの連携、横のつながりが業界の力になり、発展に繋がる。この形こそがSDGsなのではないでしょうか?

この記事を書いた人